大家として多くの大学生に住居を提供してきた話をまとめたサイト

HOME > 家を売って借金を返すことが必要になってしまったの 】

家を売って借金を返すことが必要になってしまったの

家を売って借金を返すことが必要になってしまったので、知人に教えてもらって情報収集を始めることにしました。

普通の人なら最初にたどり着く情報と言えば、自分の物件がいくらくらいで売れるか、不動産屋さんに関する情報を得ること、これら2つは欠かせない情報です。

金額が分からないで商談を開始してしまうと売った後のことがよく見えませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと不動産を処分することができません。

不動産を処分するなら、あらかじめ、経費もたくさん発生することを知っておきましょう。

費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。

経費として代表的なものは不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。

取引した金額の約3%+64800円という計算で求めるので、4000万円の物件ならおよそ130万円もかかります。

これだけでなく、譲渡所得税や印紙代などがかかりますし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。

仮に4000万で不動産が売れたとしても、全額を収入としてアテにしてはいけないわけです。

不動産の売却価格を知る方法として、REINSを使う方法があります。

REINSは誰でも利用することができます。

レインズは土地でもマンションでも価格を知ることができますので、自分の手持ちの不動産がいくらで売れるのかおおよそ知ることができます。

不動産屋へ行く時、先にだいたいの金額を分かっていると、きちんと対応してもらえなくて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。

家を売るなら買い手による自宅への訪問がありますが、その時の注意点がいくつかあります。

物件をなるべく高く売る上で重要です。

何でもそうですが、第一印象が肝心要です。

訪問者にとって、最初に気付く玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。

また、部屋はできればプロに掃除を依頼して、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくと売り主がきちんとした人であるということが伝わり、購入を前向きに考えるようになる傾向があります。

土地を売る必要に迫られる理由はたくさんありますが、その代表的なものが相続です。

権利関係が複雑な形で不動産を相続することもあります。

遺産の分割協議によって分割内容が決まった結果、どうしても1つの不動産を1人で相続することが難しいという場合、何とかして現金にする必要がある場合があるのです。

相続税は通常、現金で納めるものですが、現金では納められないと遺族から申し出があれば物そのものを納める物納という方法もありますが、できれば現金で納めた方が、面倒がなくておすすめです。

まず、誠実な不動産屋を見つけませんと、不動産を良い値段で処分できません。